APPEAL

top-image

spin%ef%be%8d%ef%be%9e%ef%bd%b0%ef%bd%bd

Spin hair

京都市西京区

京都の物集女街道に面していて、人通りや交通量も多い立地だったのでエントランスの前には沢山の植栽を植え、お店にお客様が入りやすいよう計画。
夜には建物がライトアップされ、憧れてもらってお客様として来店して頂けるよう計画しました。
屋外看板のデザインでは京都市より、京都景観賞(屋外広告物部門)を頂きました。

image01

TONAI(美容室)

蒲生四丁目

2軒が連なったような複雑な長屋を美容室へ。「狭い空間を広くしたい」というオーナーの希望に応えるため、ひとつの建物としてリノベーションに着手。
物件周辺地域が「京都らしい雰囲気のある街づくり」をしていたため、モダンな古民家風のお店づくりを目指しました。
店舗の入口はアプローチをとり、ゆとりを生み出して足を踏み入れやすい空間に。
外からはスタッフとお客さまの様子が見える空間設計にすることで、地域の景観と地域の皆さまに自然と溶け込めるお店に仕上げました。

image02

Clear(美容室)

羽曳野

マンション1Fの空き物件を美容室へ。アンティークなイメージで「木扉の門をつけたい」「アール窓にしたい」という要望を受けプロデュース。
無機質で人の気配が少なかった場所にオープンするケースだったので、大切に考えたのは「通りかかった人が一目で美容室だと分かる」こと。
大きなアール窓を設け、そこからセットミラーが見える設計にしました。店の前にはガーデンスペースと石畳路を設け、門と一体感のある店構えに。
開店後は来客も順調。上階マンションの空室も入居者で埋まりました。

> WORKS